2010年06月11日

ブラウン管テレビ、発火の恐れ=使用中止求める―ソニー(時事通信)

 ソニーは10日、1968〜90年に生産したブラウン管カラーテレビについて、長期使用による内部部品の劣化で本体内部から発火する恐れがあるとして、使用を中止するよう告知した。対象となる377機種の国内出荷台数は計1328万台だが、既にほとんどが廃棄され、残存台数は約1万3000台と推定している。
 昨年11月、同社に新潟県内の家庭から「テレビを置いていた出窓が焦げた」との報告が寄せられた。このほか、テレビから煙が出たなどの事例が計3件確認されたという。
 対象製品は、無料引き取りに応じる。既に部品の生産は終了しており、修理は受け付けない。問い合わせはフリーダイヤル(0120)256654。 

<遊具事故>4歳児、チェーンに挟んで指切断…北海道・三笠(毎日新聞)
日立、2番組同時録画モデルなど、プラズマ・液晶テレビ11機種
<口蹄疫>沖縄・石垣で「症状」(毎日新聞)
菅首相会見詳報(5)「奇兵隊内閣と名付けて」(産経新聞)
小沢、枝野両氏、9日会談=幹事長職務引き継ぎで(時事通信)
posted by イコマ マサキ at 01:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。